赤ら顔と肝臓と心臓の病気

赤ら顔は、病気の可能性もある!肝臓と心臓の病気に注意!

ただの赤ら顔と思っていたら、その原因が病気だったなんて事もあります。

 

赤ら顔の症状は、皮膚の表面に現れます。

 

皮膚というのは、内臓に何かの疾患がある時、皮膚に異常が出てくる場合が多いと言われています。

 

赤ら顔と同様な症状が現れる病気は、肝臓や心臓の病気なんです。

 

肝臓の病気について

 

肝臓の役目は、アルコールや有害物質を解毒する働きです。

 

その為、肝臓を働かせ過ぎてしまうと、体内の血流が悪くなって、代謝も悪くなります。

 

その為、にきびが増えたりして、血行が悪くなり、赤ら顔が出てきます。

 

赤ら顔と肝臓の病気の詳しい解説⇒

 

心臓の病気について

 

肝臓の機能が低下すると、血液に血栓が出来て、ドロドロな血液になってしまいます。

 

その為、高血圧や心臓の病気の原因になります。

 

心臓の病気である心臓肥大、狭心症の症状として、顔が赤くなる事があります。

 

心臓の疾患が原因で顔が赤くなるケースでは、まずは、額が赤くなって、口の周囲、頬、鼻、目の間と症状が進んでいきます。

 

どこか一部が赤くなっているケースでは、左頬だと肝臓や自律神経の病気、右頬だと水分代謝や呼吸器機能の病気、両頬だと生殖器、腎臓や内分泌系の病域の可能性があると言われています。

 

これらの症状を単なる赤ら顔と思って、そのままにしておくと、より症状が悪化する可能性があるので、注意をしないといけません。

 

赤ら顔を気にしている方は、「もしかしたら、病気かも?」ということを念頭に置かないと、病気のサインを見過ごしてしまうかもしれないです。

 

page top