赤ら顔のレーザー治療

赤ら顔のレーザー治療をする時に、絶対に知っておきたいこと

赤ら顔の治療は、皮膚科で、レーザー治療をする方法もあります。

 

赤ら顔のレーザー治療について

 

赤ら顔のレーザー治療というのは、レーザーの光を赤ら顔の箇所にあてる事によって、治療します。

 

赤い色素だけに反応するレーザーを使って、赤い色素や毛細血管をレーザーで破壊します。

 

物理的な治療になるので、より、赤ら顔対策になります。

 

赤ら顔を治療する方法は、レーザー治療が最もいいと言われています。

 

施術は、1回、5分~10分ぐらいで、終わります。

 

数回は、施術を受ける必要があると言われています。

 

赤ら顔のレーザー治療で注意する事

 

赤ら顔のレーザー治療は、皮膚科や美容皮膚科で行われています。

 

皮膚科だと、赤ら顔の程度が酷いと保険が適用される事もあり、治療費が3割負担で出来ます。

 

美容皮膚科だと、保険は適用されません。

 

なので、1回1万円~2万円はかかります。

 

皮膚科のレーザー治療であっても、症状が軽いケースでは、美容目的とされ、保険適用にはなりません。

 

レーザー治療は、1回で終わることは殆どないと言われています。

 

症状により、5回~10回ぐらいに分けて行われます。

 

トータルで、15万円~30万円ぐらいかかってしまう事もあり、途中で止めるのが勿体なくて、最後までレーザー治療を行う人もいるようです。

 

初めに、レーザー治療などを行い、治療費が高額になる時は、医師は、どのぐらいの治療費がかかるのかきちんと説明しないといけません。

 

赤ら顔のレーザー治療の費用をしっかりと理解した上で、レーザー治療をするかどうかを決めないと、後悔する事になる場合もあるので、注意が必要です。

 

どれぐらいの費用がかかるのかという事を病院で診て貰う前に、病院のウィブサイトで、確認した方がいいでしょう。

 

赤ら顔レーザー治療のリスクについて

 

皮膚科などで、赤ら顔のレーザー治療を行っています。

 

ただ、危険があるのは、事前に、知っておかなくてはいけません。

 

赤ら顔は、毛細血管の拡張や血行不良により起こることもあります。

 

その場合、レーザー治療で、血行を良くしたり、毛細血管を破壊して治療していきます。

 

ただ、こういった治療は、色々な副作用があるのを知っておく必要があります。

 

例えば、レーザー治療をした後、火傷や染みなどができる事があります。

 

これは、レーザー治療を行った時、毛細血管だけでじゃなく、肌にダメージを与えてしまうからなんです。

 

レーザー治療は、治療箇所に熱を与えて、毛細血管を破壊します。

 

なので、その際、周囲の皮膚を傷ついてしまう場合があります。

 

火傷や染みの他にも、赤ら顔がマダラになってしまったり。一部分、白くなる事もあると言われています。

 

又、人により、反対に、赤みが酷くなる人や炎症が起きる人がいます。

 

高額な治療費がかかって、こういった事が起こる可能性があるので、治療前に、慎重に考えることが大切です。

 

赤ら顔のレーザー治療のリスクを減らす為に

 

赤ら顔を皮膚科でレーザー治療する事の他にも、治療方法が幾つかあります。

 

赤ら顔の症状が酷い場合には、皮膚科などから、レーザー治療をすすめられる事もあると思います。

 

ただ、前述したリスクを考えると、躊躇する方もいると思います。

 

レーザー治療を是が非でも受けたいと思われる方は、安全な施術数が多くて、失敗が少ない皮膚科を選択する事が大切でしょう。

 

こういうレーザー治療をして貰える、皮膚科を探すには、ネットを活用するのも1つの方法です。

 

病院によっては、口コミなどがあります。

 

そこで、実際に、赤ら顔のレーザー治療をした人の感想を参考にするのもいいでしょう。

 

本当にいい皮膚科で、赤ら顔のレーザー治療をして貰えば、リスクも少ないと思います。

 

ただ、評判の悪い病院だと、失敗してしまい、何回も行かないといけなくなるので、十分、気を付けるようにして下さい。

page top