赤ら顔の光治療(IPL)

赤ら顔の光治療(IPL)の解説

光治療(IPL:Intense Pulsed Light)と言われる、特殊な光を使用します。

 

赤ら顔だけじゃなく、色々な肌のトラブルの為の光治療です。

 

赤ら顔以外には、シミ・シワ・ニキビ・ニキビ跡など対策になると言われています。

 

IPLを肌に照射して、赤ら顔やシミなどの肌のトラブルの原因である、メラニンや毛細血管などに当てると、光のエネルギーが熱に変わって、肌のトラブルの原因の部分にだけダメージを与える事ができます。

 

その為、正常な肌にはダメージを与える事はないです。

 

肌への負担を最小に抑えて、赤ら顔の対策をします。

 

又、真皮深層に照射する事で、コラーゲンなどの肌に有効な成分を作り出します。

 

そして、線維芽細胞の働きを活性化するので、肌のハリや弾力を良くする事も同時に行う事が出来ます。

 

光治療(IPL)の特徴ってなに?

 

IPLは、人それぞれの悩みに応じて、細かな治療が出来るのが特徴です。

 

IPLは、黒い色素や赤い色素に吸収されます。

 

表皮層のメラニン色素に、反応する事で、広範囲のシミやそばかす、ニキビの跡を薄くするなどの対策ができると言われています。

 

又、肌のコラーゲンにも作用して、肌のはり、小皺などの対策もできると言われています。

 

両方の効果で、顔全体が透明感のある肌になる対策になると言われています。

 

赤血球に反応して、毛細血管も壊すので、赤ら顔や赤みのあるニキビ跡の対策になるんですね。

 

回数を重ねることで肌全体の悩みの対策になります。

 

IPLは、肌に優しい光です。

 

肌をダメージを与える事なく、施術中は、軽い刺激を感じるぐらいらしいです。

 

光を分割して照射するので、分割された光の強さが均一化された事で、肌のダメージや痛みを最小に抑える事が出来ます。

 

光治療(IPL)のいいところ

 

色々な症状の対策になる

 

シミ・くすみ・赤ら顔、小皺などの対策になります。

 

肌に非常に優しい

 

IPLの光は、刺激や痛みが柔らかいので、肌に優しいです。

 

痛みが非常に少ない

 

分割した光の強さが均一化されているので、痛みが少ないです。

 

ダウンタイムがない

 

施術の直後でも軽い赤みぐらいで済みます。

 

直ぐにメイクも出来ます。

 

施術時間が短い

 

スピーディーな照射が出来るので、施術時間が短いです。

 

継続的な治療をする事がより赤ら顔の対策になります。

 

3~4週間に、1度のペースで、5、6回の治療が最も良いと言われています。

page top