赤ら顔と漢方

赤ら顔と漢方。毛細血管拡張症、赤面症などの人のために。

赤ら顔について調べていると、漢方の事が書かれたりしますよね。

 

漢方は、普通の薬となにが違うのでしょうか?

 

このページでは、漢方の事を紹介していきますね。

 

漢方とは、いったい何のこと?

 

漢方とは、中国で生まれて、日本で発展した医学の1つです。

 

基本には、病気の原因を菌のせいにするのではなく、「カラダの不調和である」という考え方があります。

 

なので、乱れたカラダを整え、病気にならないカラダに変えていく事が漢方の治療方法なんです。

 

又、漢方薬は、植物や鉱物などの天然のモノを組み合わせて作られています。

 

例えば、草や木、それらの根と皮が生薬の代表としてあります。

 

その生薬を用いた漢方薬は、普通の薬より刺激が少ないです。

 

又、副作用も起こりにくいので、カラダに優しいと言えますね。

 

普通の薬と漢方薬の違いってなに?

 

普通の薬は、風邪薬は、風に効く効果、腹痛には、おなかの痛みに効く効果など、1つの症状に対して、1つの効果しかないです^^;

 

ですが、強い効力があるので、その分、高い効果を期待出来ます。

 

漢方薬の方は、複数の生薬を組み合わせて作られています。

 

なので、それぞれの生薬に色々な有効成分があるので、1つの漢方でも、色々な効果が期待出来ます。

 

ですが、普通の薬のみたいな即効性がないです。

 

赤ら顔のように、色々なトラブルが重なっているような症状であり、慢性的に続いている肌トラブルには、漢方薬が対策になると言われています。

 

漢方薬は、その人の体質や症状に合わせて、処方をする事が出来ます。

 

なので、より自分の悩みに、特化した薬を作る事も出来るのです。

 

赤ら顔に対策に漢方

 

赤ら顔の原因は色々あります。

 

なので、使う漢方も変わってきますね。

 

それでは、具体的に漢方薬を紹介していきますね。

 

カラダの興奮を落ち着かせる働き

 

  • 知柏地黄丸(ちばくじおうがん)
  •  

  • 天王補心丹(てんのうほしんたん)
  •  

  • 滋陰降火湯(じいんこうかとう)

人前で赤くなり易い方怒ると顔が赤くなる方は、興奮状態になると、カラダの血液の流れが激しくなり、赤ら顔になるので、その興奮を抑制する働きがあります。

 

血液の濁りを良くし、血流を円滑にする働き

 

  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  •  

  • 温経湯(うんけいとう)
  •  

  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

 

気温差に弱い方お酒に弱い方のなかには、血液中に栓が溜まって、血流が滞ってしまい、血管が広がり易くなっている事が考えられます。

 

それを解消し、血流を良くする事で、赤ら顔対策になります。

 

皮脂の分泌を抑制する働き

 

  • 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

 

皮脂が過度に出る事で、酸化が起こります。

 

赤ら顔の炎症を作る色々なトラブルを引き起こすので、それを抑える事は、赤ら顔の対策にもなります。

 

他にも色々な漢方があります。

 

自分の合ったモノを選べるので、赤ら顔は、体質だと諦めないで、一度、漢方で赤ら顔の対策をしてみるのもいいと思いますよ。

page top