赤ら顔を上手く隠すメイク方法

赤ら顔をうまく隠すメイク方法の解説。ファンデーション・コントロールカラーなどを使う。

赤ら顔の対策は、色々ありますが、メイクで赤ら顔を隠したいと思うと女性もいると思います。

 

赤ら顔を隠すメイクを紹介しますね。

 

赤ら顔が目立ちにくい下地の色って何?

 

いきなり、ファンデーションを使っても、中々、隠すことができないのが赤ら顔です。

 

赤ら顔を隠すメイクをするのに、下地の使用は、必須でしょう。

 

自然な仕上がりにしたい為、ピンク系の下地を選んだりするのは間違ってます。

 

透き通るような綺麗に肌に仕上げたいので、白系を選ぶのも間違っています。

 

それでは、赤ら顔をナチュラルに隠す為に必須である下地は、どんな色を選択すればいいでしょうか?

 

赤ら顔を隠すのには、まずは、グリーン系の下地を選ぶようにしましょう。

 

グリーン系の下地を選ぶ事で、赤ら顔の赤みを抑えて、ファンデーションを付けても、ナチュラルな仕上がりになります。

 

しかし、「グリーン系の下地を使っても駄目たった。」と言われる方も中にはいます。

 

そういう方には、イエロー系の下地を試して下さい。

 

グリーン系の下地が効果的なのは、ブルーベースの肌の方なんです。

 

イエローベースの肌の方は、グリーン系の下地より、イエロー系の下地を選ぶ方がいいと思います。

 

グリーン系とイエロー系の下地を肌に塗ってみて、自分の肌に合う方を使いましょう。

 

イエローベースとブルーベースの中間ぐらいの肌の方や、下地の色が浮いてしまう方は、2色を混ぜたりして、ノーカラーの下地で、色の濃さを調節するのがベストです。

 

赤ら顔を隠す事ができるファンデーション

 

下地で、肌の色を補正した後は、ファンデーションを使います。

 

赤ら顔を隠すためのメイクは、黄色のファンデーション選びましょう。

 

ベージュオークル、イエローオークルがオススメです。

 

ただ、ベージュオークルやイエローオークルは、首の色と違うので、ちょっとと言う方もいると思います。

 

そういう方は、ファンデーションは、首の色に合わせて、下地を選びましょう。

 

コントロールカラーで赤ら顔を隠すやり方

 

下地やファンデーションは、分かる人も多いと思いますが、コントロールカラーは、知らない方もいるのではないでしょうか?

 

コントロールカラーは、光の性質を利用して、顔の色を補正する働きがあります。

 

赤ら顔の補正にも、役立ちます。

 

なので、普段のメイクにも使っていった方がいいでしょう。

 

コントロールカラーには、下地の役割も兼ねた、全体用と部分用があります。

 

どちらも、ファンデーションを塗る前に使います。

 

赤ら顔を隠す為のコントロールカラーは、基本は、グリーンです。

 

ただ、下地と同じで、グリーンのコントロールカラーでも赤ら顔を隠す事が出来ない時は、イエローのコントロールカラーを使ってみて下さい。

 

赤ら顔にチークは必要なのか?

 

赤ら顔で頬に赤みがあるとき、ますます赤っぽく見えるので、チークは入れないと方もいるでしょう。

 

赤ら顔で、頬が赤いのもチークで頬が赤いのも同じ事なのでは?と思ってしまう方もいると思います。

 

チークの役割とは、いったい何でしょうか?

 

チークは、柔らかい血色のいい肌にし、顔の立体感を引き立てる為に使用するものです。

 

なので、赤ら顔で、単純に頬が赤いという事とは、根本に異なります。

 

その為、赤ら顔の方も下地やコントロールカラーで、顔の赤みを補正して、ファンデーションを使った後に、チークを入れた方が綺麗なメイクに仕上がると場合があります。

 

チークを選ぶ時は、ピンク系のチークは、より赤くなって見えるので、オススメ出来ません。

 

イエロー系のチークを選ぶといいでしょう。

 

赤ら顔を隠すメイクでは、基本のメイクをしっかりするので、チークなどの部分メイクをしっかりすると、厚化粧になってしまう可能性もあります。

 

チークは、ほんの少し入れるようにして、抜け感を出す事が赤ら顔をナチュラルに隠すコツでしょう。

 

あと、アイメイクをしっかりとすると、視線も目元に行き易いので、頬や鼻の周囲の赤みも目立ち辛いです。

 

まずは、自分がどのタイプの赤ら顔なのかを知る事から始めるようにしましょう。

 

原因が分かると、レーザーやスキンケアをするにしても、原因に合った、赤ら顔の対策方法が見つかると思います。

 

赤ら顔の原因をまず、知る事が赤ら顔の対策初めの一歩になります。

 

赤ら顔は、下地やコントロールカラーやファンデーションで、自然に隠す事が出来ると、メイクが楽しくなると思いますよ。

page top