人前に出ると顔が赤くなる人

人前に出ると顔が赤くなる、赤面症で悩む女性

赤ら顔と赤面症で悩む、女子大生からの相談です。

 

Q:わたしは、以前から、赤ら顔で悩んでいます。

 

夏は、まあまあ大丈夫ですが、冬になると、ヒドイです。

 

気温差や人前に出るときなどで、緊張すると、顔が赤くなってしまいます。

 

周囲から、「大丈夫なの?」と気を使われるのがイヤです。

 

前に、皮膚科で診て貰ったときは、薬を処方されました。

 

自分で色々と、調べてみたところ、毛細血管が拡張して、赤ら顔になる場合は、ビタミンKが配合されたクリームや洗顔が赤ら顔対策になると書かれてありました。

 

わたしは、肌が弱い方なので、そういう敏感肌でも、使えるようなモノがあったら、知りたいです。

 

ビタミンK配合のクリームや洗顔は、赤ら顔対策にはなると思います。

 

ビタミンK配合のものは、血流を円滑にする働きがあります。

 

ビタミンC誘導体が配合されていて、パッケージに「リン酸パルミチン酸アスコルビル3Na」や、「リン酸アスコルビン酸Na」と表記されているクリームや化粧水も赤ら顔対策になると言われています。

 

お試しになって、自分自身に合ったモノを見つけるよういした方がいいと思います。

 

直ぐに、敏感肌と見抜けるような医師、薬剤師と相談されるのも大切です。

 

毛細血管が拡張する事で、顔がいつも赤くなってしまっている状態も色々なタイプがあります。

 

敏感肌であるなら、まずは、アルコールやたばこや香辛料などの刺激のあるモノを避けるようにしましょう。

 

あと、洗顔のやり過ぎや強く洗うのを避けるなどのスキンケアの見直しもしましょう。

 

たっぷりの泡で優しく洗うのがいいと言われています。

 

あとは、皮膚科などの専門医で診て貰い、あなたのタイプに合った、スキンケアのアドバイスを貰うようにしましょう。

 

「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「温経湯(うんけいとう)」「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」などの漢方薬での赤顔対策もあります。

 

そして、皮膚科でのレーザー治療という方法もあるので、興味がある場合は、設備が整った、病院での受診も考えてみましょう。

page top