赤ら顔と赤面症の学生

赤ら顔と赤面症に劣等感がある高校生の女の子

赤ら顔にコンプレックスを感じている女子校生からの相談です。

 

恥ずかしくなったり、緊張した時に、顔が赤くなる赤面症の方も多いですね。

 

Q:わたしは、赤ら顔で、とてもコンプレックスなんです。

 

わたしは、高校生の女です。

 

わたしの肌は、元から、色白の方だと思います。

 

冬に、暖房がついた部屋とか、冷たい風に当たった時とか、暑い時とか、恥ずかしくなった時に、頬が真っ赤になります。

 

生ぬるいぐらいの丁度いい感じの気温の時は、とても、白くなります。

 

なにか、赤ら顔の対策になる事はないでしょうか?

 

赤ら顔の主な原因は、血管拡張と言われています。

 

血管が拡張する事により、血液が皮膚を透けて、見えてしまうからなんです。

 

あなたのように、寒い所から、暖かい所に移った時に、血管は拡張し易くなるので、顔が赤くなります。

 

元から、色白という事は、皮膚が薄いという事が考えられます。

 

なので、余計に、血管の拡張による、赤みが目立つんだと思いますね。

 

赤ら顔の対策には、血管の拡張を抑制するのがいいと思います。

 

ネット通販などで、赤ら顔の専用化粧水があります。

 

もし気になるようなら、試してみるのもいいと思いますよ。

 

ただ、恥ずかしくなった場合に、顔が赤くなるのは、血管拡張が原因じゃなく、赤面症という、精神的なものが原因の可能性が考えられますね。

 

このケースは、人前に出た時に、恥ずかしさや緊張に、慣れていくのを心掛けてみて下さいね。

 

A:わたしも、色白の赤ら顔です。

 

赤ら顔対策として、コンシーラーとファンデーションを顔に塗って、赤ら顔を隠していますね。

 

赤ら顔を隠すには、グリーンの化粧下地を使うといいと思います。

 

ただ、学生なので、化粧が禁止だったりすると思います。

 

なので、私ば高校生だった時は、薬用パウダーで、赤みを目立たなくしてましたよ。

page top