赤ら顔と赤面症とあがり症

赤ら顔と赤面症、あがり症で悩んでいる女性

生まれつきの赤ら顔と赤面症に悩む女性からの相談です。

 

運動をすると、顔が赤くなる人は、結構いるみたいですね。

 

Q:わたしは、赤ら顔と赤面症です。

 

わたしは、生まれつき、運動をしたり、風呂に入って暑くなると赤が赤くなります。

 

あと、人前に出て、恥ずかしくなると、急に顔が赤くなってしまいます。

 

普段は、色白で、肌荒れもないです。

 

周囲からは、肌が綺麗と言って貰えます。

 

本当に、お酒飲んでる人みたいに、真っ赤になり、物凄い劣等感があります。

 

先生が私の所へ来て、指導したりして、みんなに注目されるたりすると、顔が赤くなってしまい、恥ずかしいです。

 

赤面症や赤ら顔って、レーザーで治療すると聞きました。

 

いつも、赤いわけではなくいですが、悩んでいます。

 

A:苦しいコンプレックスだという事は、よく理解できます。

 

わたしも赤ら顔に悩んでいる1人です。

 

ただ、それは、あなたの体質なので、それがあなたの普通の反応なんだと思います。

 

明らかに緊張しているのに、人前でも、顔が赤くならない人もいますね。

 

それも、その人の体質なんだと思います。

 

ハンサムな人や美人な人がいるように、赤ら顔の人やニキビがヒドイ人など、色々な人がいるんじゃないですか?

 

赤みが顔に出なければ、自分に自信が持てる、前向きにものを考えられるし、人前に平気で出られるし、という気持ちになるんだと思います。

 

わたしたちの思いとは、逆に肌の研究は、発展途上のような気がしています。

 

たかだか、お肌なんですけど、悩んでしまうのも分かりますよ。

 

ビタミンK配合のクリームを自分も試してみました。

 

美容整形のレーザー治療もしてみました。

 

生まれつきの、赤ら顔の人は、大変です。

 

赤ら顔を対策していく為に、お金がかかりますからね。

 

でも、毎日、しっかりと、赤ら顔対策をしていくしかないですね。

page top