顔が赤く熱くなるのを治したい女性

顔が赤く熱くなるのを治して、あがり症も克服したい女性

赤ら顔で悩む女性からの相談です。

 

この方は、あがり症で、赤面症でもあるみたいですね。

 

Q:わたしは、赤ら顔で、悩んでいる20歳の女です。

 

今までも、病院で診てもらいに行くことは、考えました。

 

ただ、評判のいい皮膚科が見つからなくて、行けませんでした。

 

でも、何年経っても、赤ら顔が気になるので、病院に行こうと思うと思っています。

 

しかし、赤ら顔は、皮膚科に行っても、あまり意味がないと聞いた事があるので、悩んでいます。

 

わたしの赤顔は、毛細血管が浮き出ているというより、全体的に赤い感じで、特に、頬、目の周り、顎が赤いです。

 

近くで赤い箇所を見るより、引いて見た時の方が顔が赤いと自分で思います。

 

顔が熱くなったときは、さらに、赤くなります。

 

ただ、普通の状態でも薄く赤く、メイクをしても殆ど隠れないです。

 

そして、時間が経つと、さらに赤みが出てきます。

 

少し笑っただけで、「真っ赤な顔をして!」とからかわれてしまいイヤです。

 

敏感肌で、気温差でも、日光でも赤くなります。

 

人前に出るのが苦手なあがり症、赤面症でもあります。

 

こういうものは、体質で、皮膚科に行ったとしても、どうしようもないのでしょうか?

 

赤い顔が気になり方としっかりと目を合わせるのが怖いんです。

 

いったい、どうしたら、いいんでしょうか?

 

A:肌のバリアがなくなっているのだと思います。

 

あまり油分を取り過ぎたりしないで、健康な肌を戻るのがいいと思います。

 

わたしも、敏感肌だったので、色々と試してきました。

 

症状がヒドイ時には、乾燥が気になったり、ヒリヒリするようになったら、リペアクリームを塗るようにしています。

 

A:赤ら顔は、精神的なものも原因の1つと言われています。

 

あがり症の方は、赤ら顔である場合が多いです。

 

「ヒオフトマトス」というサイトで、紹介している方法で、あがり症の対策を自分でする事が出来るみたいですね。

 

何度もメディアで紹介された事があります。

 

短期間で、あがり症を克服出来るとの口コミで、人気がありますね。

page top