顔の赤みを消したい学生

顔の赤みを消したいと悩んでいる男子高校生

男子高校生の方からの相談です。

 

この方は、運動をしている時や、人前に出ると、顔が赤くなってしまうそうです。

 

Q:赤ら顔について質問があります。

 

自分は、高校生の男です。

 

外出していて寒い時、日光を浴びている時、運動をしている時、人前で話す時などに顔が赤くなってしまいます。

 

周囲からもからかわれたりするのがイヤで、少し恐怖症気味になってしまってます。

 

マスクをしていても、マスクの中の蒸し暑さで、赤面してしまいます。

 

化粧は、学生なので、出来ないです。

 

赤ら顔を理由に、皮膚科に行く事は、できませんか?

 

又、皮膚科に行った際に、どんな薬を出されるんですか?

 

A:赤ら顔で悩まれているんですね。

 

赤ら顔になり易い人は、敏感肌や乾燥肌が多いです。

 

つまり、皮膚が薄くて、毛細血管の赤い色が表面に出易いんです。

 

毛細血管の赤色が、赤ら顔の原因とされています。

 

皮膚が薄いので、うっ血が目立ち、赤ら顔になりますね。

 

血液の流れがいいので、赤ら顔になるんだ。なんて言う人がいますが、実は、その反対なんです。

 

赤ら顔は、血液が正常に流れないので、その箇所だけ、赤くなります。

 

赤ら顔対策で、手軽なものは、ビタミンK配合のクリームを塗る事です。

 

ビタミンKは、血栓を溶かして、血行を良くする働きがあると言われています。

 

又、コエンザイムQ10配合のクリームもいいみたいですね。

 

化粧品店や、薬局などで、取り扱いがあります。

 

ただ、効果には、当然、個人差があります。

 

又、症状が良くならない時は、美容レーザーなどで治療していく事もできます。

 

美容外科などで、相談されるのもいいと思いますよ。

page top