ホットフラッシュタイプの赤ら顔

ホットフラッシュタイプの赤ら顔の解説

ホットフラッシュタイプによるもの

 

赤面症タイプと同様に、血管の影響による赤ら顔で、一時的なものを言います。

 

ホットフラッシュとは、40代以降の女性が更年期障害に伴って、温度変化などに影響されて、皮膚に近いところの血管が拡張したりします。

 

その結果、顔が火照って、頬から顔の全体にかけ、赤くなったりします。

 

更年期は40代以降ぐらいから、更年期障害の症状が出てきます。

 

更年期障害は、ホルモンバランスや自律神経の乱れによる、ホットフラッシュなどの症状が出てきます。

 

ホットフラッシュとは、元々、汗をかき辛い体質であったり、新陳代謝が活発じゃない方に多く現れると言われています。

 

あと、体温調整がうまく出来ない事が原因の1つと言われています。

 

対策について

 

ホットフラッシュは、自律神経の乱れが密接に関係していると言われています。

 

更年期になった頃に、ホットフラッシュによる、赤ら顔が気になってきたら、自律神経の乱れが深刻になってくる前に、病院で診て貰い、早めの治療をするようにしましょう。

page top