赤面症タイプの赤ら顔

赤面症タイプの赤ら顔の解説

赤面症タイプによるもの

 

血管の影響による赤ら顔で、一時的なものを言います。

 

赤面症は、対人恐怖症の中でも、多く見られる症状の1つです。

 

赤面恐怖症、赤面恐怖とも言って、人前で緊張すると、顔や耳が赤くなる症状です。

 

赤面症は、緊張や恐怖に伴う、交感神経の活性によるカラダの変化です。

 

赤面症の方は、緊張状況で、交感神経が活性化すると、顔面が紅潮がし易いと言われいます。

 

又、もとから、緊張し易い性格であったり、交感神経が活性化し易い体質であったりも関係すると言われています。

 

対策について

 

赤面の具合が過剰で、当人がそれにより、辛い思いをしているのであれば、対策が必要でしょう。

 

なので、赤面症というのは、本来、「治療」「対処」が必要な過度な赤面に使われる用語です。

 

緊張して、赤面してしまうもの全てが当てはまるものではないです。

 

赤面により、苦痛を感じていて、対人において、過度な緊張や恐怖などを感じているという方は、精神科や心療内科などで診て貰うのも1つです。

page top