アトピー性皮膚炎タイプの赤ら顔

アトピー性皮膚炎タイプの赤ら顔の解説

アトピー性皮膚炎タイプによるもの

 

皮膚自体が赤くなっている赤ら顔の一種です。

 

アロピー性皮膚炎は、皮膚の炎症を伴うものです。

 

大人になって、発症する、又は、再発するアトピー性皮膚炎を「成人型アトピー性皮膚炎」と言います。

 

思春期から、発症したアトピーの炎症は、顔、首、背中などの上半身によく出ると言われています。

 

アトピー性皮膚炎による、赤ら顔は、炎症の赤みが原因です。

 

炎症の具合は、アトピーの症状段階によって違ってきます。

 

乾燥による赤みや、重症だと「腫れ」を伴う炎症があります。

 

又、物凄いかゆみがあり、掻きむしった刺激の赤みが原因になる場合もあります。

 

対策について

 

アトピー性皮膚炎は、症状の段階により、対策方法が変わります。

 

医師の元、薬物療法を試す場合が多いです。

 

具合によっては、ステロイド軟膏を使う事もあります。

 

又、症状が軽い場合は、スキンケアの見直しや生活環境を変えるなどの自己ケアが必要です。

 

アトピーは、非常に複雑なものです。

 

自分で判断したりせずに、医師に相談して、治療方法を決めていくのがいいでしょう。

page top