脂漏性皮膚炎タイプの赤ら顔

脂漏性皮膚炎タイプの赤ら顔の解説

脂漏性皮膚炎タイプのもの

 

皮膚自体が赤くなっている赤ら顔の一種です。

 

湿疹の1つである、「脂漏性湿疹」は、脂漏性皮膚炎とも言われていて、皮脂腺が多く、皮脂の分泌が多い頭皮や顔に起こり易いです。

 

他は、耳の後ろや、摩擦の脇の下や太腿の付け根にも起こったりします。

 

かゆみがあり、赤くなったり、皮膚が荒れてしまい、剥がれてくる場合があります。

 

原因は、色々とありますが、主な原因がマラセチアというカビなんです。

 

マラセチアは、人間の皮膚に存在する菌ですが、皮脂を好みます。

 

その為、皮脂が多いと、異常増殖し、その代謝物が肌に炎症を起こすと言われています。

 

マラセチアが皮脂や汗が多いのを好むので、皮脂の過剰分泌が大きな原因の1つです。

 

ただ、原因は、分かっていない、部分が多いです。

 

他の原因は、ストレスやビタミンB群の不足、洗い過ぎなどの不適切な洗顔や洗髪、不規則な生活習慣のなどもあると言われています。

 

生後3か月ぐらいまでの赤ちゃんと、思春期以降の成人に多いです。

 

赤ちゃんは、自然治癒する事が多いですが、成人では、慢性化する場合も多いようです。

 

対策について

 

成人の脂漏性湿疹は、ひどくなって、初めて、治療をし出す場合が多いです。

 

しかし、慢性化して、再発する事も多いので、医師に相談の元、早めに治療した方がいいでしょう。

 

治療は、炎症を抑える為のステロイドと、マラセチアが増えるのを抑える為の抗真菌薬が基本です。

 

かゆみが強い時は、抗ヒスタミン剤やビタミン剤を服用したりします。

 

薬による治療をしていきながら、下の点の自己対策も必要になります。

 

  • 常に清潔な状態にする
  •  

  • 洗顔時に、肌を優しくしっかりと洗うようにする
  •  

  • ビタミンB群を取って、バランスのいい食生活をする
  •  

  • ストレスに注意して、規則正しい生活をし、十分な睡眠を取るようにする
  •  

  • 症状が悪化しないように、紫外線を避けるようにする

 

薬を使っても、マラセチアが増え易い環境にいると再発する事もあります。

 

日常生活を改善し、根気強く、対策を続けるのが大切です。

page top