敏感肌による赤ら顔

敏感肌による赤ら顔の解説

敏感肌によるもの

 

皮膚自体が赤くなっている赤ら顔の一種です。

 

敏感肌の方は、皮膚が薄くて、刺激を受け易いです。

 

その為、刺激によって、炎症を起こして、肌が赤くなる事で赤ら顔になります。

 

敏感肌による赤ら顔の原因は、乾燥して、敏感肌になる事で、肌が薄くなり、毛細血管の色が透けて赤くみえてしまうからです。

 

又、ピーリングのし過ぎや肌に合ってない化粧品、アレルギーなどの刺激で、炎症を起こして、赤みが出る事もあります。

 

とりわけ、鼻や頬は、毛細血管がたくさん集まっているので、赤ら顔の症状が出易いですね。

 

必要以上に洗顔をしたり、痒みから、顔を擦り過ぎてしまう方は、注意が必要です。

 

対策について

 

自分で、対策できる事が十分あります。

 

洗顔方法の見直しをしよう!

 

摩擦など肌に刺激が少ない優しく、1分以内で、洗顔を終わらせるようにしましょう。

 

クレンジングの見直しをしよう!

 

クレンジングは、合成界面活性剤が多いほど、洗浄力が強いです。

 

肌を守ってくれる皮脂も、過度に落としていまう事があります。

 

又、洗浄力が強いオイルクレンジングには、気を付けましょう。

 

敏感肌には、乳液タイプのクレンジングを使う人が多いです。

 

赤ら顔の対策になる、スキンケアを使う

 

乾燥によって、赤みが出ている場合や何かの刺激で、肌が薄くなって赤みが出ている時は、赤ら顔の為の化粧品を使うのが対策の1つです。

 

潤い保つ為に、保湿をする

 

保湿で大事なのが、角質層の水分と油分を保つことです。

 

角質層は、水分と油分の層が重なり合った「ラメラ構造」という状態にあって、これが壊れてしまうと、肌の潤いがなくなってしまいます。

 

ラメラ構造は、肌のバリアになる機能の8割を負っています。

 

ラメラ構造が肌の潤いを守るので、油分や水分もラメラ構造に近い、バランスが取れた化粧水を使う事が赤ら顔対策になります。

page top